上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







最近少し身体を痒がったりする梅を獣医さんに連れていく。
コートの状態は全く異常がなく、
ただ耳の中に少し雑菌が繁殖してるので、
それに関する二次的なアレルギー反応なのかもしれないとのこと。
定期的な耳掃除の他、食べ物やシャンプーを別のものに替え、
少し様子をみることに。

スイミングも散歩もフードも、基本的には梅もRIOも一緒。
なので、特に梅だけがこんな風に反応するのが変だなあと思っていた。

最近の梅さん。
困ったことに最近私達が外出すると、
決まってドアの側に粗相してしまうようになった。
しかも梅がするもんだから、RIOがその上に...。

ドアの外から汚れた床を見ると、もうがっくし。
これは外出時間の長さには関係なく、留守番させること自体に問題があるらしい。
2人のうちどちらかが在宅してれば問題なく、現場を目撃したこともない。
一度は声を荒げたもんだから、梅さん驚いてテーブルの下に隠れてしまった。
しかも、時々は床に跡が残っているけど、物体そのものが消えていることさえ。
悪いことをしてると解ってるので、自分で始末しようとする梅さん。

どうしたら良いんだろう。
以前は外出をしても、全く平気だったのに。
トイレも裏のガーデンでしてくれてた。
思い当たることを、ぐるぐると頭に巡らせて途方に暮れた。

そう言えば、最近はアートのクラスにも梅さんを連れて行ってないなあ。
ブラッシングもスイミングがあるからってさぼりがちだったかも。
忙しさにかまけて、きちんと気持ちを察してあげる余裕を失ってたということは?
出掛ける準備の際は、ずーっと動き回る私の後を付いてまわってて、
そのぴったりとまとわりつく瞳に応じてあげることもないままに。
頭を撫でてあげるときも、ただするのと、
気持ちを込めてちゃんと目を見てあげるのとでは、
全然違うんだ。

そう言うことに改めて気付き、
なるべく一緒にいる時間を増やし、
話しかけ、ブラッシングを含めて、コミュニケーションの時間を増やし、
家を出るときも、きちんと説明をして不安を残さないようにするよう心がけた。

失敗しても、気持ちを荒げず、
成功したら、いっぱい褒めてあげた。
彼女の「自信」を回復させることに努めた。
自信を無くした時に見せる彼女の悲しい瞳はもう見たくない。

そうしたら、いつのまにか痒がることも少なくなり、
家の中でトイレをすることも無くなった。

ありがとう、梅さん。
あなたから大切なことを、
また一つ学びました。


スポンサーサイト

Comment

梅さん
こちらは大雪に見舞われています。。。
本当に近年雪が多くって、雪かきする人々は大変そうだよ。私もスキーなんてもう10年は軽く滑っておらず・・。

梅さん、RIOくん、可愛い子供?に囲まれた生活。とても微笑ましい気持ちになります。
人間同様、命あるものから学ぶ事っていっぱいだし、本当に勉強だなぁって思います。
これからも楽しく読ませてもらうわ♪
to tomoko
最近は特に大雪のニュースを、こちらでもよく見てるよ。本当に、雪国の人達は大変だよね。この冬は私の実家周辺でも雪が積もったみたい。友人の子供達も嬉しそうに雪だるま作ってました。

犬育ても、まだまだ未熟な点が多いけど、本当に学ぶ事がいっぱい。我が家の生活ぶりを垣間見た人達からは、「すでに子供が2人居るみたい。特にやんちゃな息子が1人。」と、言われます。まさに、その通り!と思いつつ、今後例えばこれに人間の子育てが加わったりした場合、果たして体力が持つのでしょうか...と、軽くめまいがする今日この頃です。

子育てと一緒だねえ。私も1つクリアしたらまた1つ問題が…となんだか打ち寄せる波に溺れそう、このまま体力、精神力、私なんかでもつのかな…と思うときがある。特に体調の悪いときなんて最悪…どうして、どうしてと頭の中がうずまきになり、声を荒げ怒ってしまう…。
でも私の精神のコンディションをびっくりするほど敏感に反映してしまうのよね、子どもって。これではいけない、もう1度やり直し。気持ちの整理つけて、片付けて、深呼吸して抱きしめる。
人や動物を育てるのは、ただやってあげるのとは違うんだよね。気持ちをこめて接する…忙しい忙しい…と面倒くさいだけの言い訳をせず、頑張ろうと思ったわ。ありがとね。

うーん・・・ 身につまされるようなお話です~。 
お出かけが多くて疲れて帰ると
つい散歩もしないで
そのまま寝てしまったりするのですが
犬達はいつもそばでくっつくように寝そべり
私が構ってくれるのを待っている感じです。
思い返せば、今でも床で粗相をたまにするのは
ちゃんと構ってあげていないという事が
原因だったのかもしれないですね~・・・
to rosewood
手のかかる子ほど可愛いって言うけど、自分に余裕が無いときは、本当にクラクラしてくるよね。そして自分の放つ喜びも悲しみも、そしてキリキリイライラも、スポンジのように吸収して自分の中に溜め込んだり発散したり。子供や動物って本当に不思議...。

私はまだ人間の子供を育てた事がないけれど、何かを育てる事は、常に自分の内側に問いかける作業だよなって思う。自分がカサカサささくれてると、いつの間にかそこには潤いの無いカラカラの関係が出来上がってるし、なんかよそよそしくなってしまう。そして、自分がナヨナヨしてるとその周りの空気がどんよりと締まりが無い、など。

いくら豪華でも、心や手が行き届いてない家が魅力のないように、素朴でも良いから愛情をいっぱい注いだ環境を作るのが、私の理想。そこに住んでいる生き物が皆キラキラと輝いていることが私の幸せ。まだまだ課題はいっぱいあるけど、そういうことを胸に生活していきたいです。
to たこぼー
私自身、自分は親身になって「世話をしてあげている」つもりだったので、かなりショックな出来事でした。しかもある日突然にそれは始まったので、訳がわからなくて。今から思えば、その要因と言えるものはひとつではなくて色々と複雑に絡んでるのかもしれません。そして犬によっても、ストレスや不安の表現/発散方法は異なるのかも。

犬って、単純だなあと思う反面、深いなあ、繊細だなあと思い知らされた瞬間でした。最近は、植物を育ててもそう思います。要は、なんというか「対等」な視線で心を通じる努力をするのが、良い関係を築くポイントなのかな、と思います。「こんなにも世話してあげてるのに!」という雰囲気は、自分が子供の頃を思い返すと嫌に感じるように、たぶん動植物もそうなんじゃないかなあ、と思ったりします。
お留守番時のヘビーな贈り物??
ボクも時々やっちまうんだなあ、ドアの前でさ。
僕たちは後悔しない動物なんだ。反省とかもしらないんだね。ごめんね。
これを解決する方法。
僕たちは24時間起きている限り飼い主を見ている。
していいところでした時は楽しい顔で始末して、しちゃいけないタイミングや場所でしちゃった時は、飼い主さんが悲しい顔で始末するのが一番良いと思うよ。
僕たちは飼い主の悲しい顔を見るのが一番辛いんだ。言葉や態度で起こられるよりもね。
これからも僕たちをよろしく。
to 梅吉
Welcome to my blog!!!

心温まるアドバイスをどうもありがとうございます!冷静に出来事を把握する前にショックな感情が優先して、ついメラメラしてしまうんですね。そんな時の私の表情を読んだ犬たちはすぐに距離を置いて、じーっと観察しています。そうなんだ、悲しい~っていう顔がポイントですね。

時より、穴があくんじゃないかというほど視線を感じます。愛しい...。目や表情で、きちんとコミュニケーションをとってあげることの大切さ、日々強く思う今日この頃。将来的には、アイコンタクトだけでコマンドを送り、言葉を交わせる信頼関係を築き上げたい。頑張ります!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。