上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







BOHティーという、このCameron Highlandsで栽培される紅茶の大農園を見学。
見渡す限りお茶畑、というのはこういう風景のことを言うんですね。
全てがお茶の木で覆われている山という山。

Cameron Highlandsは、紅茶栽培には理想的な環境らしい。
膨大な降雨量をはじめとして、水はけの良い土壌や、昼夜の温度差など。
このBOHティーも、マレーシアを代表する紅茶として
世界に輸出されている。



cameron2.jpg



摘んだ茶葉を運ぶトラック。
お茶を摘む作業は、専用の機械が使用されていた。
でも昔は大量の労働者を雇い、
まさにここで典型的なplantationを作り上げていたのであろう。
この広大な茶畑で、人がお茶の葉を一枚一枚摘んでいくなんて、
ちょっと想像を絶する。



cameron3.jpg



この日の空は快晴で、
空のライトブルーに茶畑のグリーンが鮮やかに映えた。
この茶畑を眺めながら、皆で紅茶を頂く。
サラッとした風が、頬を撫でた。



cameron8.jpg



今でも労働者として、そこに定住している人達の住む家が点在していた。
両親はその家の造りがあまりにも大ざっぱだったりする、
そういう面から彼らの生活を想像して、
言葉を失った。

でも私達は、家の色合いがカラフルで、
なんかキュートだよね、と言い合った。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。