上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



年末に日本から両親が訪ねて来た。
来たそうそうに車でマレーシアへ旅行に繰り出すことに。

旅行の当日、
早朝にはビーチへ2匹の犬を連れて行き、両親も見学。
なんとなく、あまりビーチに馴染んでない日本人たち、の図であった。

我が家を10時過ぎに出発。
ドッグシッターさんにはそのタイミングに来てもらった。
慌ただしく準備をする私の様子を、遠くから梅さんは淋し気に見つめ、
そしてRIOはシッターさんに夢中で、見向きもせず。

30年前のメルセデスは、旅行前に再点検をしたとはいえ、ちょっと不安。
スピードを出せば出す程、エンジン音で車内はうるさいのですが、
でも乗り心地はまあまあ。
古いなりに空間もあって、身体を伸ばせるのです。







ボーダーを超えて、いざマレーシアへ。
辺りの風景が一気にゴムの木だらけになっていくのが面白い。
ハイウェイから見える景色は、本当にそれだけ。
辺り一面のゴムの木畑。

途中のサービス・エリアでお腹を満たす。
ローカルなマレー料理に舌鼓。
両親は2人ともマレー料理をいたく気に入ったらしい。
その後、ビニールの袋に入れられたテイクアウトのティー/コーヒーを見て
びっくり、爆笑の2人。ほのぼの~。

大都会KL(クアラルンプール)を抜けて、
ここから山(Cameron Highlands)へと向かいます。
高度が上がるに従って、植物の種類にも変化があらわれる。
「あまり道が良くないよ」「崖崩れとかあるかも」など、
散々脅された割には、かなり道の状態は良かった。

車中から見える景色。霧がかった谷間。まるで水墨画のよう。



cameron1.jpg



道の脇には、こんな家がちらほら見える。
ちょっとした集落なのか、沢山の子供、犬、そしてニワトリが見えた。
との家にも、このパターン。
子供、犬、そしてニワトリ。

犬たちは自由にその辺を行ったり来たり。
皆、どこかで血がつながってるような見た目の犬たち。
ついつい、目で追ってしまう。

途中から日も暮れ始め、
しかも雨がしとしと降り出した。

目指すホテルまでどれくらい?
さすがに日が落ちると辺りは真っ暗で、
地図通りに向かっても一向に辿り着く気配がない。

どしゃぶりに近くなってきて、
だんだん心細くなってくるし、
寒いし、
さすがに皆しーんとなる。

仕方がないので、交番に寄ることにする。
そしたら、そこから目と鼻の先だった...。
気を取り直して、ホテルで伝統的(?)なイギリス料理を食べ、
ワインを飲み、
天蓋のついたお姫様ベットで就寝。

明日晴れることを願いながら。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。