上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







週末のmy back gardenで。
梅はまだ見慣れてない空間なので、いまひとつ不思議な表情。
RIOは嬉しくて仕方がない感じ。



hungry.jpg



何が嬉しくて、そんなにヨダレを...。
実は一粒のおやつのために、
命がけのスマイルで、
「くれくれくれくれくれ~」と言っているのです。

スポンサーサイト

Comment

hahahahahahaha
命がけのよだれスマイルかわいい!!

必死だねぇ~~(笑)
to Shizuka
この顔もすごいけど、食べ物の種類によっては、さらに微妙な変化をつけた表情を提供してくれるので、可笑しいです。

ちなみに、RIOにおやつを「待て」の状態で待たせておいて、自分は何かの用事ですっかりそれを忘れてた時が何度かありました。そうするとスタスタスタと(横歩き風に)「あの~、何か重要なこと忘れてません?」という顔で注意しに来るのが、やはり面白いです。
味のある性格だね
あははは、面白いねぇ、Rio!!
味のある性格だよ~
特に
(横歩き風に)「あの~、何か重要なこと忘れてません?」という顔で注意しに来る
ってとこがほんと想像できておかしい(笑)
to Shizuka
本当に、人間の言葉を喋れない犬たちは、様々な表情やシグナルを送ってくるんだよね。しかもそれは個々の犬によって違うのが、不思議で面白い。

RIOは子犬の頃から感情が読みやすくて、嬉しい時や浮かれている時は、うひょひょひょひょ~という顔で小走りになります。あと、たまには照れたりもします。驚いたり怒ったりしたときも、瞬間的にそれを身体全体で表現するので、思わず私も「そうだよね~。やっぱそうなるよね~。」と素直に頷いてしまいます。そして、人間もそこまで身体で表現できたら、すっきりするかも...とさえ。

とにかく、犬の飼い主に送る「気」や「念」みたいなもののすごさに驚かされる毎日です。それは決して途切れる事無く、揺るぎない信頼に満ち溢れています。たまにはコノヤロ~と思うけど、そんな素敵で尊いものを、絶対に枯らしてはいけないなあ、と強く強く思います。
うんうん、分かるわ
うちも猫を飼ってるのでよくわかるわぁ
カリオカのようにうまく表現はできないけど
よくテレビやなんかを見ていると、ふと気づいた時、近くで2匹がじーーーーっと俺を見ています。まるで気づいてくれよーご主人様~~みたいな感じで。
それで、撫でたり名前を呼ぶと飛び上がるかのように身体を躍らせて「にゃぁぁ~」と喜んだり(笑)

構って欲しい時なんかは横にちょこんとお座りして「なぁぁぁぁ~~」とかね
怒られたときは距離をとったり、頭隠して尻隠さず状態で壁やダンボールに入ったりしてる(笑)

そういうシグナルは一緒に生活してるから感じ取れるんだなぁと思う。

夜ベッドに入ると決まったように傍にきて一緒に寝てる。普段はあったかいコタツの中なのに(笑)

そういう小さな信号に癒されたり。
ほかの人には見せない愛嬌っぷりが飼い主冥利につきるよね!

大切にしてあげなくちゃだ。

ただ、最近はそういう価値観が通じない人もいるんだなぁとも感じたりしてるわ。
寂しいことに。
to Shizuka
私は猫と一緒に暮らした事がないから、すごく興味があるなあ。でも、昔は祖母の家にチンチラが居て、すんごいど田舎なのに白いホワホワの毛で佇む姿が優雅でねえ。風景にミスマッチなのに、妙に貫禄だけはあった。

しかも愛嬌がなくてねえ。抱かれるのが嫌なの。ゴロゴロも滅多にしないし。そして、どこからともなく視線を感じて振り向くと、タンスの上とかからじーっと見てたり、突如として現れては、人の足元をガリガリと襲って去っていったり。しかも夜中にトイレに行くと、ドアを開けたらそこには爛々と光る巨大な瞳がじーっと私を見つめてるから、何度心臓を止められそうになったことか。

でも、祖母にはすごくなついてて、ふと飼い主に見せる表情はとても愛らしかった。猫ちゃん、大切にね!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。