上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。









ビーチで見つけた貝殻たち。


どの国のどんなビーチでも、色んな貝殻に出会える。けれど、あいにくいつもRIOのスイミングで使っているセントーサ島のタンジョン・ビーチでは、数える程しか貝殻を見た事がない。これはらは、ある日そこで見つけた貴重な貝殻たち...。


セントーサ島のビーチの砂は、隣国(インドネシアだと聞いた)から持ち込んできたらしい。思いっきり人工のビーチだ。ここからフェリーで45分程度で行ける、同じくインドネシア領のビンタン島のビーチは、白くてサラサラの砂に混ざって、沢山の奇麗な貝殻が散らばっている。小さいけど完璧な形をした可愛い貝殻たちや、個性的な珊瑚のかけらがあちこちに落ちているので、海を眺めるよりも、忙しく貝殻拾いに精を出していた私。


オブジェとしてそのまま並べて飾っても素敵だし、ガラスの瓶に詰めて飾っても面白い。貝殻にはその貝殻にしかない独特な個性(色や形)があるので、どれを見ても飽きない。一度、ロンドンのテート・モダンという、現代アートで有名な美術館で、アーティストの名前は忘れたけれども、古い食器棚のような家具に大きな貝殻を沢山陳列しているだけ、という作品を観た。ただそれだけ...の作品なのだが、とても印象に残っている。そのアンティークな入れ物の中に佇んでいる貝殻たちの存在が、ノスタルジックなのだ。とても。貝殻も、大きいもので、子供の頭蓋骨くらいある。ひっそりと息をひそめて並んでいる化石のような貝殻が、不思議とその棚をフレームとしてマッチしていた。一瞬、何故か村上春樹著の「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」の中に出てくる、ユニコーンの頭蓋骨をコツコツと叩いて音を聞くシーンを思い出した。


そう、貝殻と言えば、私が今取り組んでいる油絵のオブジェクトが、まさに「貝殻とヒトデ」。ヒトデは漢字で書くと「海星」というくらいで、星形がちょっとコケティッシュでかつ、可愛い。それを白い壁に貼付けて、描いてみている。貝殻はかなり厚めのしっかりとした貝殻で、その滑らかさとつるつるとした感触を「白」という色の中で表現するのが、これまた想像以上に難しいのだ。波打つようなエレガントな面と、かちりとした質感。その対比を、様々な色や筆遣い、そして油や絵の具の量を調節しながら、描いていく。なかなか思うように形になっていかないのが辛いとこだが、でも「貝殻」をじっと眺めることで発見する事は沢山あって、その魅力がまたたまらなく面白い。


私にとって、「貝殻」とは何かしら意味があるのかもしれない。「石」もそうだけれど、自然が作り出すものの「美」は、計り知れないものがある。人間の想像を超えた、美しさ。なんか、そういうものに出会うと、ただ単純に感動してしまう。


そしてまた「貝殻」は、なんとなく「死」や「終わり」を連想させる。そして、荘厳な美しさを兼ね備えているような気もする。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。