上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





leaf.jpg





「HATHA FUSION」を体験。


「HATHA YOGA」とは、一般的に基本的なヨガのスタイルを意味して使われているらしい。なので、私もあえて意識してはいなかったのだが、実は「HATHA」という言葉は「太陽と月」という意味があるということ。そして、その「陰と陽」を統合することがハタ・ヨガの目的で、呼吸と身体を使う事で、自分の潜在的なエネルギーを引き出す事が出来る。そんな深い(?)ヨガだとは知らなかった。


実際に、クラスの音楽がすごく神秘的な感じで、最初「おおっ!!」と思った。確かに、自然の神秘を意識した演出なのだ。ハタ・ヨガのポーズ自体が、植物や動物を表現したものというのはよく知られているけれど、そのポーズをとる事で、「陰と陽」「太陽と月」、そして「こころとからだ」といったような相反するものの調和を意味している。なので、ひとつひとつのポーズに全身全霊を傾けることが、大事な点なのね。ずばり、なりきる!ということ。


普段通っているヨガのクラスが、あまりにも筋トレに近いので(POWER YOGAなど)、音楽を聴いているだけで瞑想の世界に入って行けそうな、この「HATHA FUSION」をかなり気に入ってしまった。心なしか、インストラクターの声も低くて落ち着いているし。ペースもゆっくりだ。新しいアーサナもあった。しかし!それが、鬼のポーズで、私には全くできない種類のものだった。回数を重ねればなんとかできるアーサナと、どう考えても自分の骨格を考えたら不可能に近い、という種類のアーサナ。「HATHA FUSION」のクラスには、どちらかと言えば後者のアーサナが多かった...。ガーン。


ペースがゆっくりなので、ひとつのアーサナに悪戦苦闘していると、やたら目立つ(ような気がする)。そして自己嫌悪。あんなおじさんだって、できてるポーズなのにい...と思って悲しくなる。けど、ヨガは決して他人と比べるものではなく、常に自分の肉体と向き合って会話していく事がポイント。なので、悔しいけど自分のできる範囲でレベル・アップを目指すしか無い。私の場合、膝と股関節が固いので、膝を曲げたままその脚を首にかけたりするアーサナが苦手。あと背筋も弱い、というか固い。


ま、どちらにしろヨガも、復習を兼ねてしっかり自宅で練習しなくては、向上も何も期待はできない。もう少し続けてこのクラスにも出てみて、他のヨガとの違いを楽しみたいと思っている。




スポンサーサイト

Comment


ヨガって大変そうですねぇ
私も関節固いからムリっぽいかも。

最近ピラティスに興味を持ち始めて
日本人会に申し込みをしようか
思案中なんですよ
ダイエットにも良いみたいだし。

私も、最初はできるかどうかドキドキ不安でした。けど、思い切ってやってみると、案外出来ちゃったりします。ポイントは呼吸とバランスですね。

ピラテスは、私も何度か経験しました。ヨガの体操版、といった感じです。普段使わない筋肉を意識して使うと、その時は辛いけど、後で実に爽快な気分。これはヨガにも通じる事ですが、身体の隅々に空気を送り込んでいる感覚...かな。是非この機会に挑戦してみて下さいな!!!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。