上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





家族ぐるみで仲良くしているMattと朝のビーチに行った。


愛犬のCharleyも。1歳ちょっとの息子Rachlanは、準備万全で待機していたらしいけど、今回は都合で断念。RIOはCharleyと久々の再会。Charleyはオーストラリア生まれのゴールデン・レトリバー。現在7歳。ダンディで優しい犬。


ビーチでのRIOはCharleyの後を追いかけてばっかり。
迷惑顔のCharley。






もちろんCharleyの行くところはどこにでもついていくRIO。
たとえ水の中でも。






ココナツの皮を埋めようとするCharley。
すかさずそれを狙うRIOを怒るCharley。






Matt+Charley+LOZ+RIO。






Charleyはさすがゴールデン・レトリバーだけあって、しかもビーチ育ちなので泳ぎが上手い。躊躇することなく、ガンガン海に入っていく。普段のCharleyはまるで置き物のように大人しいので、そのギャップが面白い。はじけ具合が、見ていてもよくわかるから。RIOもその後を追って必死についていったので、いっぱい泳いだ。いつの間にか泳ぎ方も上達している。そして何気にCharleyに追いつきがてら、背中に乗っかろうとするので、激しく怒られまくっていた。


途中、何匹ものラブラドールがだだだだーという感じで狂ったようにビーチを走り回っていた。ハスキーもちらほら。どの犬も、本当に嬉しそう。


週末のビーチは、幸福の絶頂にいるような犬の顔を沢山見れて、心がほんわかする。



スポンサーサイト

Comment


RIOとCharley見ているだけで笑いを誘う。RIOもし喋れればCharleyを「兄貴~!」と慕っている様子が伺えるよ。何故背中に乗りたいのか?面白いぞRIO。
to rosewood
笑えるでしょ?RIOは基本的に他の犬に会えば、いつも好奇心いっぱいなんだけど、小型犬だと体格の差が激しくて、どうも遊びにならないの。どうみても嫌がらせ?というか、前足で踏みつけたりするから(本人はねえねえ、という感じで遊びに誘っているつもり)すぐ嫌われる。

その点Charleyは身体も大きくて安心。しかも大人だから、RIOの未熟な態度にはビシッと叱ってくれる。でも、懲りなくてねえ、彼は。叱られても叱られても、ちょっかい出しに行くの。てへ!という感じで。もう私達なんて眼中にないです。4人で泳いでいる写真を見ても、CharleyはMattと良い感じで泳いでるんだけど、RIOは少しでも早くCharleyに追いつきたくてエンジンかかり過ぎでLOZに押さえられてるのだ。

よっしゃー、兄貴についてきな!という余裕のCharleyも、不気味に背後から忍び寄る必死の険相のRIOに気が気で無いので、半径1メートルに近づこうものならすごい怖い顔になって怒ってた。あの温厚そうなゴールデンも怒ると鬼の顔よ。

何故背中に乗りたいのか?たぶん、ねえねえ待って~って言ってるのかも。それか単にズルしたいのか...。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。