上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20050520145819.jpg




日本の実家にはオスの甲斐犬がいる。名前は「星龍号」という立派な名前。2年半前に妹の友達から譲ってもらった。最初は見るだけ…のつもりが見たらもう断然飼う気になっていた。私と母と妹。実はその頃父もこっそり「豆柴」のブリーダーさんに連絡を入れてたらしい。でも、知らされた金額にど胆を抜かれてた。


リュウは私が結婚後、初めての年末帰省中に実家に来た。Londonに飛ぶ数日前だった。LOZはもうすでにLondon生活に戻り、あとは私を待つばかり。まさか私が出発する日の朝に泣いて電話をかけてくるとは1ミリも想像してなったはず。(今振り返ると、その兆候は見えてたらしいが)


「日本滞在を延期したい…の。」
「どうして!!?理由は!!?」
「仔犬と一緒に居たいから…。」
「…。」


怒られました。みんなに。父だけが笑っていた。Londonには結局予定通りに帰ったけど、LOZは「犬に負けた。」としばらくぷんぷんだった。母には離婚されても仕方が無いよ、あんた!!!とまで言われた。ま、新婚だったしね。私も初めての夢にまで見た子犬生活に無我夢中で、すんごい屁理屈を並べて意固地になってたと思う。もうこの時期を逃したら、一生後悔する!!!次に会うときはもう成犬で、ぜんぜん駄目!!!みたいに。


変だよね。でも私にとってリュウはmy first dogで、もう限りなく奇跡のような存在だったから。甲斐犬の仔犬はまるで小熊。1日中見てても飽きなくて、夜はリビングで一緒に寝て、その愛くるしい動作に一喜一憂して…。


あれから2年以上経った今現在でも、リュウは相変わらず可愛い。逞しく大きく成長したけれど、仔犬の時から変わらないクリクリの瞳と、好奇心旺盛なくせに臆病な性格は未だ健在。


たとえ「ハイエナみたいで可愛くない」って言われても、
たとえ散歩はカツオの一本釣り状態になっても、
それでも目の中に入れても痛くない程可愛い。


リュウ、いつまでも元気で私のidolでいておくれ。


あと、毎晩パパの臭い靴下を咥えるのは止めてね。



スポンサーサイト

Comment

ほのぼの~
かわいいね、リュウとアクリ(笑)
読んでて思わずふきだしちゃった
なんか想像がついて面白かったわ♪

Shizuka
to Shizuka
リュウはねえ、最近またお利口さんになってきたらしいよ。母による、血と涙のトレーニングの成果だね。リュウの生活スタイルとしては、朝の散歩の後はずっと外で見張り番をしてて、夕方の散歩の後から家の中で過ごすの。外では常にお仕事で忙しくて、家に入ると猫みたいに大人しくなってバタンキューで寝ちゃう。ちょっとどこかのおやじみたいでしょ?

でもまだまだ若者だから、女の子には優しいよ。特に黒ラブのマフィンちゃんが大好きなんだって~。

今度是非紹介するね!


威嚇されないようにきをつけよー(笑)
大丈夫!オレは動物にはすかれるんだ!

覚えてる?ブラジルでの乗馬のとき。
あの時もオレだけは好かれてたでしょー
全速力で走ってくれたしー♪♪
to Shizuka
覚えてるよ~。いきなり柵を飛び越えて暴走してた馬でしょ?よっぽど上に乗っている人を振り落としたかったんだねえ。

でもちょっと羨ましかった。だって私の馬はしょぼくれてて、草ばっかり食べてたから。

でもあの時は、本当に怪我しなくて良かった...。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。