上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




新居には備え付けの家具など全く無く、冷蔵庫や洗濯機などの基本的な生活用品も新しくそろえる必要があった。結婚して初めて自分達で家具を購入するという状況が嬉しくて、週末毎LOZと色んな家具を物色しに出掛けた。幸い今の時期はシンガポールが国を挙げてのセールを開催していることもあって、さらに嬉しさ2倍!!!自分達の心地良い生活空間をイメージしながら、と同時に、現実的に発生するであろうプラスマイナスの部分をも考慮しながら選んだ。最終的に一番悩んだのはリビングに置くソファーで、何度も同じ家具屋さんに足を運んだり、足を棒にしながらも数々のソファーを見てまわった。色んな条件、例えば実用性、座り心地、デザイン、値段の全てを満たすソファーに出会うのは、なかなか難しい。いつもその中のどれかが欠けていて、2人を混乱させるのであった。で、結果的には1番最初に見て気になっていたソファーに決定。やや小振りのシンプルなデザインで、皮の素材にしては、微妙な色なのが気に入った。2シーターと3シーターをそれぞれ購入。全体的にLOZにはちょっと小さいかも、という印象ではあるけど、使ってみるとそれなりに味が出てきた感じ。今のところRIOに攻撃されることも無く、一安心。大切に使っていきたい。



これは1階の窓際に置いた2シーター。


home(blog1).jpg




スポンサーサイト

Comment

SOFA
素敵なソファだね、とても座り心地良さそう。ソファ選びって本当に疲れるよね。私はそうでもなかったけど、やっぱり引越しをする友達がソファ選びだけで何ヶ月も費やしていたよ。彼女は座ることプラスうたたねをすることが第一条件だったらしくて家具屋では座るだけではなく人の目もはばからずたくさん寝て見たと言っていた。私は昼寝はきちんとベット派なのでね。←心地良すぎて亮太のバスのお迎えに遅れたことがあるわ、かわいそうに彼は1人でバスから降ろしてもらえず幼稚園に戻っていったんだって。話は脱線したけど、本当色合いもいいね。
SOFA
ありがとう!このソファーの色はちょっとグレーがかったブラウン、みたいな優しい色合いなの。家の床のタイルが真っ白ではなくて少~しだけピンクが入っているので、それにもよく調和してると思う。やはり、ソファーを選ぶ時は、やはり家での使用時をイメージして、色んな座り方を試してみるのが一番よ。私達もガンガン寝転がってみたり、2人で座るときにとりがちなポジション(LOZは普通に座って、私は寝転がる)まで試してみたから。それでずっと話し込んだり。あと、幾つもの似たようなソファーを見て回ると、次第に訳が分からなくなってくるんだよね。座り心地って、今の時代みなそれなりに工夫されてるし、そんなに極端に違うものでもないしね。あっ、これも悪くないかも、みたいな。だからすんごく感覚的な出会いで、直感に頼る部分も大きい。あとは絶対好みの問題。私はこれまた皮のクラシックな渋いソファーにも惚れたんだけど、これはちょっとインパクトが強いので、他の家具とのバランスが取りにくいかな、とか色々考えてやめた。将来的にはこういうソファーが欲しい!って心に誓ったけどね。だからそれに合う家はこういう感じで、とか住む家の理想まで膨らんでかなり楽しい。

しかし、亮太くんはお迎えに誰も来なかったとき、ちょっと捨て子の気持ち!?くじけるな、ムシキング!

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。