上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
moon(blog1).jpg




日本に帰ると、まず空気の乾いた感じに気付く。サラッと肌をなでるような空気の感覚が新鮮。爽やかで嬉しくなる。でも、数日後には肌のカサカサ感が気になってくる。ただ、髪の毛は妙にサラサラになる。水の違いかな…。


季節の移り変わり目に見る微妙な空気の揺れ、が懐かしい。自宅から近い沼の近くを、夕暮れ時にはよく散歩した。夜風がぬるく、空が柔らかくこちら側に沿っているように感じる日もあれば、パリッとした空気に背筋を伸ばし、果てしなく遠くに感じる空をただ見詰めた日もあった。一度、沼の向こう岸に見える大きな月を見て、シンガポールにはこんな月が無いと思った。音も無くただ夜空にひっそりと張り付いている美しい満月。完璧すぎて怖くなる。月の光りで幻想的に見える沼の水面。月に背を向けて歩くと、まるで後ろにどんどん迫ってくるようで焦った。


先日、シンガポールでも大きな月を見た。周囲が明るいので、いまいちその存在感が薄い。でも、キラキラ光る高層ビルとの間に見える月は、まんまるで、日本で見たあの月によく似ていた。ただ、色はどちらかと言えば金色に近く、日本で見た青白い狂気に似た美しさには程遠い優しい光。どれだけ見ていても不安な気持ちに駆られることはなかった。


月-にはとても不思議な魅力があると思う。昔から、あまり月の光にあたりすぎると気が狂う…といわれているように、何故かこう自分の生理的な感覚に強く訴える独特な力が存在している。学生の頃、夜中に外に出てふと見上げえた夜空に見える月たち。ある時はあまりにも薄くて頼りない。半分透き通っている。「貧血の月」と名付けた。そして私の意思や感情もそれに重なるように、頼りなくゆらゆらと揺らいだ。色っぽい月、もある。濃くて艶々でたっぷりとした質感。そして輪郭もくっきり。発散する光は地上まで柔らかく届いて、非常識な事を仕出かすにはもってこいの演出。気持ちも少しだけ背伸びできる。


星が良く見える土地に住みたい、という人は沢山いると思う。夜空に瞬く星はとてもロマンティックで、健全なムードが漂う。キャンプ・ファイヤーに星空は欠かせない。流れ星なんかサラッと空を走り抜けたら、もう最高、だろう。でも、私は曇り空の隙間にちらっと見える月の光を眺める方が好みだ。幾層にも重なった雲のグラデーションの間に浮かぶ月の美しさは、例えようも無い。なんかこう控えめな迫力みたいなものがある。不健全で淫靡なイメージにも良く似合う、というか。


私好みのアートだ。



スポンサーサイト

Comment


綺麗な月ね。夏の夜長、子供たちを寝かせた後、ベランダに椅子を出して夜空を見上げている時間が大好き(もちろんビール片手にね)。こんな美しい月がでていたら最高だね。今は日本は梅雨なので雨ばかりよ。そっか、学生の頃、しでかしていたいろいろな事は全て月のせいだったのね。

この月は、実はLOZがロンドンで撮ったものなの。月と右下に写ってる建物とのバランスが、なんか可愛くてね。

イギリスでは実際、ちょっと田舎の方に行くと素晴らしい夕焼けや漆黒の夜空に映える星空を見ることができる。月はね、ロンドンでの夜遊びの帰り道、楽しい気分でいっぱい見た。

その時2人で浴びた月明かり、のおかげで、今があるのかな。2人でしでかした事-も山ほどあるけど、そこは愛と笑いに満ちてるんだよね。

なーんて。

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。