上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







最近少し身体を痒がったりする梅を獣医さんに連れていく。
コートの状態は全く異常がなく、
ただ耳の中に少し雑菌が繁殖してるので、
それに関する二次的なアレルギー反応なのかもしれないとのこと。
定期的な耳掃除の他、食べ物やシャンプーを別のものに替え、
少し様子をみることに。

スイミングも散歩もフードも、基本的には梅もRIOも一緒。
なので、特に梅だけがこんな風に反応するのが変だなあと思っていた。

最近の梅さん。
困ったことに最近私達が外出すると、
決まってドアの側に粗相してしまうようになった。
しかも梅がするもんだから、RIOがその上に...。

ドアの外から汚れた床を見ると、もうがっくし。
これは外出時間の長さには関係なく、留守番させること自体に問題があるらしい。
2人のうちどちらかが在宅してれば問題なく、現場を目撃したこともない。
一度は声を荒げたもんだから、梅さん驚いてテーブルの下に隠れてしまった。
しかも、時々は床に跡が残っているけど、物体そのものが消えていることさえ。
悪いことをしてると解ってるので、自分で始末しようとする梅さん。

どうしたら良いんだろう。
以前は外出をしても、全く平気だったのに。
トイレも裏のガーデンでしてくれてた。
思い当たることを、ぐるぐると頭に巡らせて途方に暮れた。

そう言えば、最近はアートのクラスにも梅さんを連れて行ってないなあ。
ブラッシングもスイミングがあるからってさぼりがちだったかも。
忙しさにかまけて、きちんと気持ちを察してあげる余裕を失ってたということは?
出掛ける準備の際は、ずーっと動き回る私の後を付いてまわってて、
そのぴったりとまとわりつく瞳に応じてあげることもないままに。
頭を撫でてあげるときも、ただするのと、
気持ちを込めてちゃんと目を見てあげるのとでは、
全然違うんだ。

そう言うことに改めて気付き、
なるべく一緒にいる時間を増やし、
話しかけ、ブラッシングを含めて、コミュニケーションの時間を増やし、
家を出るときも、きちんと説明をして不安を残さないようにするよう心がけた。

失敗しても、気持ちを荒げず、
成功したら、いっぱい褒めてあげた。
彼女の「自信」を回復させることに努めた。
自信を無くした時に見せる彼女の悲しい瞳はもう見たくない。

そうしたら、いつのまにか痒がることも少なくなり、
家の中でトイレをすることも無くなった。

ありがとう、梅さん。
あなたから大切なことを、
また一つ学びました。


スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。