上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







25日のクリスマスは、夕方からBBQ。
LOZのオフィスから拝借したBBQセット。
非常にベーシックな炭焼きです。
それに一生懸命火をおこす男。







「まだですか~」という風に
ちょっと首をかしげて
肉をねだっている黒いの1匹。







待てども待てども
肉は焼き上がらない...。
次第に地面への距離が近づいていく、
黒いの2匹。

待ちくたびれて、
眠りに落ちることしばしば。







待ちに待った肉たち!
「ソーセージ!ソーセージ!ったら、ソーセージ!」
というリズムで足元が俄然軽くなる、黒いの2匹。

肉にありつける瞬間。
姿勢もピンっと伸びて、
良い子を演出。

私達も、ワインと美味しいBBQで楽しいひと時を。
汗だくでススだらけになったLOZ、
お疲れさま。

初ガーデンBBQは、大成功でした!


スポンサーサイト







25日は晴天。
この日は、2匹を連れてAlexander parkという所へドライブ。
ここはちょっとした森になっていて、
中にはBlack&White housesが点在している。
一種のコロニアル風な建物で、ひとつひとつが個性的なデザイン。
ちょっとした、ヨーロッパ/イギリスの田舎、を彷彿させる。
でも、やっぱりコロニアル風なので、
エキゾチックな雰囲気が素敵。







森の中をぐるぐるとドライブした際に見つけた場所。
時々、ウェディングの写真撮影などにも使われている。

思わず犬を自由に放してあげたくなるほど、
緑が果てしなく広がっている。







いつもはイギリスやヨーロッパで過ごすクリスマス。
でもこんな風に、
太陽の光をさんさんと浴びて祝うクリスマスも、
なかなか良いよね。







トロピカルなビーチから車で十数分。
森林の中にあるコロニアルな空間で、
少し違った空気を吸った。

帰り際、
大人しく切り株に乗っていた梅さんは、
ものすごい剣幕で車へと暴走した。

暑かったのね...。









24日の午後、セントーサ島へ。
第一回写真撮影大会と称して。

何故なら、近頃LOZがNikonD200という最新モデルを購入。
やたらと何かを試し撮りしたくて仕方のない様子。
私の使うカメラは、彼のお下がりNikonD70。







夕方に訪れるタンジョン・ビーチは、
早朝にくるそれと、少し雰囲気が違う。大人のムード満載。
日没が近づくと、辺りがだんだんとオレンジ色に包まれていく。
ビーチのバーから聞こえる、Chillout系の音楽が耳に心地良い。







この日は3組のウェディング・カップルを見かけた。
式と写真撮影は別々に行うのがこの国の一般らしく、
カメラマンとメイクを引き連れて、
色んな箇所に出没している。

そんな中でも、セントーサ島は人気のスポット。
真っ赤に染まっていく空をバックに、
気分も最高潮で
独特な2人の世界を作り上げている。
もう、誰もつっこめないくらいに。

そんなラブラブモード全開、ノリにノッている2人の後ろに
渋い顔つきで黙々と釣りをしている、長靴を履いたおじさんたちが居て、
そのギャップが妙に可笑しい。
一瞬で、辺りに磯臭さが漂ってしまうほどに。







黄金色に輝く海。
その延長上に存在する、
星の数程ありそうなタンカー類を
忘れてしまう美しさ。







LOZ。
夕焼けをバックに。

気軽に撮ったら、
かなりドラマティックな感じで写ったから驚いた。

「やはりモデルが良いと、違うなあ。」
とまんざらでもない様子のLOZであった。

こんな具合に、
2人で調子に乗って遊べるのが楽しい、
大写真撮影大会でした。





20060107211715.jpg




ある昼下がり。
枕たちと遊び疲れたRIO。
そのままウトウトし始める。



20060107211715.jpg



眠くて眠くて、
もう瞼を上げてられない。

そんな時は、頭や顔全体の肉が
ゆるりと柔らかく垂れる感じがして、
そのふんにゃり感は、もう、
神様からの贈り物です。



20060107211632.jpg



しかし、ちょっとでもシーツなどが
カサカサ音を立てると、
ハッと我にかえる。

このハッとした時の
耳の立ち方が、何度見ても笑える。
眉間の皺とか。

なので、それ見たさで
しつこく音を立てたりする、
しかも、ベットを掘られて
嬉しがっている(ついでに引っ掻かれて怪我もしている)、
親ばかな人は誰でしょう?

答え→わたし





13日は私の誕生日。
夕方からセントーサ島へ行き(LOZが内緒で車を手配)、
いつもスイミングで利用しているビーチからほど遠くない、
海を見下ろせるホテルで食事をしました。







バーから見える水平線。
琥珀色のボトルが、緑の額の中で反射して、
きらきらと眩しい。



20060108192625.jpg



建築デザイナーが日本人というこのレストランは、
大木がどどーんとレストラン中に生えています。
海全体に黄金色の夕映えが広がっていく。
それを静かに眺めながら飲むお酒は、最高...。



20060107212004.jpg



食事はどれもスタイリッシュで、美味。
特に生牡蠣が美味しすぎて、しばらく感動で固まってしまったくらい。
後にLOZがお店に前もってリクエストをしていた、
花束とデザートがスマートに登場。
これにも驚いて、固まる。

久しぶりに犬抜きで、2人でゆっくりと会話を楽しむ事ができた気がする。
すっかり時間を忘れて、リラックス...。



20060107211949.jpg



ホテルの中にある池に浮かぶ、神秘的な花。
暗闇の中で、上品に、まるでそこだけが白く切り取られたように、
咲いていた。


20060108192535.jpg



我が家に戻ると、黒いの2匹が、
待ってました!という感じでお出迎え。



20060107212140.jpg



LOZはすっかり疲れて、
犬にまみれて寝てしまいました。

素敵な誕生日を、ありがとう!!!


| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。