上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
morning(blog).jpg





ここ数年は、お茶を良く飲むようになった。


「お茶」とひとくちに言っても、紅茶から日本茶、そしてハーブ・ティまで色々ある。紅茶はロンドンに住み始めてから、良く飲むようになった。LOZの実家を訪ねると、1時間おきくらいの間隔で"Another cup of tea?"と訊かれる。そして何でもないスーパで買える安いティー・バッグが、それはそれは美味しいのだ。形も丸くて、よ~く出る。日本の実家にも一度それを持って帰ったところ、えらく好評で、イギリスお土産はそれだけで良いと言われた。


シンガポールで紅茶を飲むと、なんか味がいまいち。どちらかと言えば、コーヒーの方が美味しく感じる。何故だろう?気候のせい?なので、紅茶は大量に作っては冷やし、アイス・ティーにしている。あとは爽やかなジャスミン・ティーやプーアル茶は定番。さらに母が遊びに来た時に持って来てくれたルイボス・ティーは、今私が一番気に入っているお茶。南アフリカ共和国原産のマイルドな味で、かつカフェイン・フリーの美味しいお茶。おすすめ。


ヨガを始めてから色んなハーブ・ティーにも凝りだした。例えばDr Stuart'sから出ている 数あるティーの中でも、Rosehip Shellsや Hibiscus Flowers、そして Echinacea Harb やBlackberry などが含まれている「ECHINACEA PLUS」、それはちょっと酸味のある味で、身体が目覚める。あとはショウガやチョウセンニンジンなどを配合したティー、「ENERGY PLUS」もあり、これは胃に優しい感じ。そして発汗作用が抜群。Cranberry&Raspberryのティーは、もうこれで3箱目。愛用している。これらは全てGNCというアメリカ系のサプリメントや健康食品を取り扱う店で購入できる。


カモミールやペパーミントなどはハーブ・ティーの王様、という感じで日常生活の中でも、ちょっとしたナチュラル・レメディとなってくれそうだけど、単純にお茶の時間を楽しむなら、少しは変化に飛んだハーブ・ティーを試してみるのも面白い。先月帰国した際に友人から頂いた「レモングラスグリーン」というハーブ入り煎茶(by Tea.Pi.O.)は、色がとても鮮やかで奇麗。レモンに似た香りと共に楽しめる。こういうプレゼントって、すごく嬉しい。お茶の時間も贅沢になるのです。彼女のことを思い出しながら...。



スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。