上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近、かなりショックな事件があった。


先週末にトレーナーさんが家族や友人を連れて我が家に遊びに来た。その中には犬が4匹が含まれていて、RIOも大興奮気味。豆柴の女の子からはみっちり怒られた。そうしているうちにトレーナーさんの一言で、RIOの歩き方に異変が起きている事に気付いた。右脚を少し引きずっている。久しぶりにすごく興奮したので、捻挫でもしたのかなあ、と思った。以前にも床に滑って変に脚を捻ったりすることがあったから。その際はRIOが鳴き声を上げたので、すぐにわかった。けど、今回は本人もあまり痛そうにはしてないし、座り込んだりすることもない。散歩にも行きたがるし、ゲートの前を嫌いな犬が通るとすぐに怒りに飛んで行く。んー、ちょっとしばらくは様子を見てみた方が良いかも、というアドバイスでその場はそれで収まった。しかもその夜はそのトレーナーさん宅での「関西(お好み焼き/たこ焼き)パーティー」なるものにもRIO付きで参加したりした。そこでも嫌がらせに近い元気ぶりを発揮していた、彼。


その後は、念のためx-ray検査をした方が安心かもということでかかりつけの動物病院へ予約を入れる。そこは近所で徒歩圏なのだが、x-ray設備が無かった。車で10分程度の、支店のクリニックへ。シンガポールのタクシーは基本的に犬もケージに入れていれば(小型犬なら抱いていても)乗せてくれる場合が多い。ただ、運転手の人種にもよる。何度か犬好きの中国系の人にも出会ったが、一般的に犬を非常に怖がる傾向がある。マレー系はほぼ完璧に犬は駄目。宗教上の理由らしい。一度、ON CALLして迎えに来た運転手がマレー系で、こちらは電話で事前に犬連れだという旨を伝えていたので、断固として乗った。そうしたらもう猛然と窓全開にして、運転中には何かものすごい怪物が後ろに居るような視線で、ちらちらと後部座席を睨みつける。しかも私達が降車した後には、すかさずトランクから掃除セット一式を取り出して、シートを消毒し始めた。密かに祈りを捧げてたかもしれない。呪われてなきゃ良いけど...。だってまだその時RIOは子犬だよ。そりゃ、ちょっと黒くてイカツイ顔だけど。きっと今日という日は彼にとって、「悪魔の手先」になったくらいの大罪なのかもね~、と2人で失笑した。それぐらい神経図太くないと、シンガポールで犬と暮らしていけない。


とにかく、多少高くてもロンドン・タクシーを利用する。サービスも良いし、車内が広いので大型犬も余裕で乗れる。ただ不便なのは、台数が限られている為に電話をしてもすぐには来ないという点。緊急の際には非常に困ってしまう。その日は時間指定で予約を入れた。RIOは車が好きなので、すぐに飛び乗る。クリニックに到着し、受付。体重を量ると約30キロ。2週間前よりも2キロ増。周りには色んな動物が居るので、RIOも興奮気味。特に猫にが目が釘付け状態。RIOの番になり、インド系の女医さんが担当になる。LOZがざっと状況を説明する。x-rayを受けるにも当然麻酔が必要なので、日を改めて去勢手術も兼ねたらどうかと提案されたが、"buy one, get one free"じゃないんだから、その辺はきちんと段階を踏んでやろうということで、今日はx-rayだけを選択。RIOはためらうこともなく素直に奥へと連れて行かれた。


待ち時間の間は、LOZはそわそわと落ち着かなくて、近所で朝食を食べている間も機嫌が悪かった。私がどの漢方スープを食べようかと悩んでそれを相談しても、まるで変人を見入るようにふ~、とか呆れている。ぶつぶつ何かを言っているので、耳をそばだててみると「頑張って、RIO!」と日本語で呟いていた。きゅん。いつもは異常に反応する、食用のケースに入った生き物(カニなど)にも、今回は生まれて初めて見る「食用ガエル」だったのにもかかわらず、カエル愛好家の彼としてはいまひとつ(というか、ぜんぜん)反応が鈍い。「とにかく戻ろうよ、お願い。」と急かされた。


x-ray検査の結果に、言葉を失った。予想以上にRIOの右脚は悪く、左右の関節部分の形が素人の私にさえはっきりと分かるくらいに異なっている。左側はきちんと収まっている部分が、右側の同じところで飛び出ている。思わず、嘘...と呟いてしまう。これがRIOの脚なのかと思うと、ショックで感覚が無くなっていく感じ。CHD(股関節形成不全)は一般的に大型犬でも、ゴールデン・レトリバーやラブラドールに多くみられることで知られている。ロットワイラーもアメリカだと飼育頭数も多いことながら、確率的にも非常に高い。CHDを防ぐポイントとしては、やはり犬のブリーダーさんが、徹底的に血統からCHDの確率を除外するということ。その上できちんと身体的に保証のある犬をマーケットに出す、という事が重要。でも、この病気は「環境」もその要因であるという風に言われている。固くて滑りやすい材質の床だとか、子犬の頃から過剰に与えられた栄養などが、後天的にCHDへと促すらしい。


RIOは果たして、先天的にその病気を持っていたのか?それとも後天的になってしまったのか?この疑問が、私の頭をぐるぐると旋回する。しかも何度もしつこくLOZに問いかけるので、心配するポイントがずれてる、と怒られた。例え、シンガポールのブリーダーさんがいい加減、もしくは無意識に、もちろん健康面や血統などを考慮することも無しに、ブリーディングしているとしても、私達はRIOを選び、RIOは私達の存在が生きている全てなんだから、今はこれからの事だけを考えなきゃ駄目なんだ、そう、それは分かってる。今後は少しでもRIOの症状が悪化しないような環境を作ってあげることが大切なこと。長い散歩は控えなくてはならないので、数を増やしてこまめに外に出してあげるなど、少し方法を工夫して、彼の若さとストレスを発散させてあげなくては。取りあえず、次の診察で今後の予定がはっきりする。ずばり手術をするのか、それとも、サプリメントを内服しながら脚の筋肉を強化する事で、様子を見ていくのか。実際にメスを入れずに、運動などによって生活に支障のないくらい回復している犬達も存在している。


LOZはもう、気持ちの中では「手術」の方向で整理が出来ているようす。性格的に、悪いところは完璧に治すまでだ!というタイプだから。しかも今日は動物病院からの往復に色んな手間がかかってしまったことにも、ふつふつと不満が募っているらしく、早速午後からは連絡があって、車のショールームを見に行こうと誘われた。展開、はやっ!!!


RIOの手術(いや、次回の診察)前までには、そんなお買い物までしそうな雰囲気で、私はただ必死に状況の展開についていくのみ...であった。





Rio(b&w).JPG

スポンサーサイト

| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。