上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2泊3日で名古屋に行った。


正直、名古屋という都市は初体験。足を踏み入れた事が生まれてから1度もなかった。東京から九州や関西方面に旅行する際にいつも通り過ぎてる駅だなあ、くらいの印象だった。新幹線の窓から駅前のビルの並びを眺めてたり、そんな記憶しかない。今回名古屋に行くことになったのは、もちろん「2005年 日本国際博覧会 / The 2005 World Exposition, Aichi Japan」のため。大学時代からの友人、Mがそこで働いている。Mはベルリン在住のドイツ人で、普段はドイツのテレビ局でジャーナリストとして色んなドキュメンタリーなどの番組を作っている。今回は愛知エキスポでドイツ・パビリオンの広報担当として働くことになった。


きっと彼女がそこで働いていなければ、そして何よりも彼女の誘いがなければエキスポ自体に訪れることはなかったと思う。「自然の叡智」をテーマとして、全体的にエコロジーなメッセージを打ち出している事には興味があったけどね。とにかく混雑を覚悟して行かなければならない。ちょっと普通の混雑ではないらしいし。母の友人達もエキスポを訪れて、その混雑具合でかなり疲労困憊。かなりネガティブな情報も耳にしていたのだ。


東京駅には朝の9時くらいに着いた。そして新幹線のチケットを買ったと同時に辺りが物々しい雰囲気に包まれる。ビチッと黒いスーツできめた厳しい感じの人達がロープを持って改札付近を囲い始めた。さりげなく、でも確実に。私達はすでに天皇・皇后両陛下がその日に愛知万博を視察される事をMからちらっと聞いていたので、もしかして新幹線も同じタイミングなんだ~、と思っていた。すると向こうの方から警護に挟まれた形で両陛下が目の前を通る。ゆっくりと、そしてロープの外側で待機している私達に「おはようございます。」とまで声をかけてくださった。実際に目にする両陛下は想像以上に小柄で品が良い老夫婦、といった印象。でもなんと言うか、やはりオーラがあるのかもしれない。佇まいに気品がある。何人かのOL風の女性達が携帯電話のカメラに収めるべくキャーキャーと黄色い声を上げながら追いかけていった。とても対照的なぐあいに。私はふと母の顔を見て、その瞳にうっすらと涙が張っていたのを確認した。私もつられてちょっと胸がきゅんとする。


名古屋まではあっという間で、1時間少し。意外に近いのです。2日目に泊まる予定のホテルを確認してから荷物を駅のロッカーへ。昼食後には「名古屋城」を観光に行く。名古屋の駅前はとても道が広く、整備されている。地下鉄も使いやすい。母も「名古屋城」は初めて。今はちょうど「名古屋場所」の開催中らしく、地下鉄でも何人かの力士(らしき人達)を見かけた。LOZが居たらさぞかし胸をときめかせたことだろう。せめて、洋服を着ていない爽やかな力士を見せてあげたい、いつの日か。そして「名古屋城」の感想は、戦争時の空襲で焼けてしまった素晴らしい日本の財産を残念に思ったということ。当時、名古屋市民はどんな気持ちで焼け崩れるお城を眺めたのだろうかと想像すると(空襲でそれどころでは無かったのかもしれないが)、胸が締め付けられる気がした。あと、「しゃちほこ」の英訳が「female dolphin」だったのが「!!?」の発見だった。


名古屋城を後にして、「瀬戸市」へ。目的地は「尾張瀬戸」。今夜の停泊地はM宅だったので、そこからはそう遠くない。「せともの」で有名な瀬戸市。やきものや陶磁器を売っているお店が沢山ある。が、たまたま月曜日が定休のところばかりで、街がしーんと静まり返っていた。少し川に沿って古い街並を散策してみる。途中、「無風庵」という見晴らしの良いギャラリー兼休憩所で一服し、帰りに寄った「瀬戸蔵」という大きな観光施設のようなところで瀬戸焼きのコーヒー・カップとそれとお揃いの小皿を購入。デザインがユニークな手作り感のある白いカップ。一目見てLovely!!!と思った。お茶の時間が楽しくなりそう。本当はもっと沢山同じデザインの小鉢なんかを買いたかったが、荷物のことを考えるとあきらめて正解。陶器は思った以上に重量があり、かさばるのだった。


2人で大きな焼き釜を展示してあるカフェで休憩。母はケーキが食べたいわとか言いながらいつも甘味セットみたいなものを注文する。あんみつと抹茶とか。で、私が頼んだコーヒー・ゼリーという微妙な量のデザートさえもぱくぱくと食べる始める。おちおちMと連絡できないくらいだった。ちなみにそのコーヒー・ゼリーには小振りな湯のみ(瀬戸にちなんで?)がプレゼントされるらしいが、「福」という字が印字されているそのデザインに、思わず断ってしまった。ま、実用的だし、見方によっては「渋い」けど、さらにサービスで頂けるのに文句を言うのも申し訳ないけど、でも!もうすこしマシなものがあるのでは?としみじみ2人で話し合いながら駅に向かった。


Mとしばし再会を喜び合う。彼女はエキスポが始まる前に一度シンガポールに来て、一緒に数日間を過ごした。シンガポールって撮影のセットみたい~、というのが彼女の感想。さすがに日本通のMからしてみればシンガポールはあまり面白みの無い国に映るのかもしれない。日本では、全国規模で私の知らない沢山の「穴場」を知っているM。常に興味津々で新しいことに挑戦している。反面、繊細な部分を持ちながらも、自分のやりたいことに対するそのハングリー精神にはたびたび驚かされる。そんな彼女のお宅には、2人して中谷の商店街で見つけたアンティークな食器棚が光っていた。一目惚れしたMの情熱に圧倒されたのか、5ヶ月近くも取り置きしてくれて、しかも名古屋までの配送料までかなり割安の値段できっちりと最後まで丁寧だったあのお店。また行ってみたいなあ。基本的に絶対「和風」を譲れないので、畳の部屋には色んなポスターだとかが面白くアレンジしてあって、彼女のドイツの部屋を思い出させた。


夕食はお寿司屋さんへ。そこで働いている人が彼女をとっても気に入っている様子。エキスポが開催されることで、きっとこういう街の細かい部分に幸せが運ばれてくるんだな、と思った。普段は寂れているようなレストランなどに、若くて生き生きした外国人が訪れる。運が良いと、礼儀正しくて日本語も上手な(そして可愛い)外国人だったりするんだから、もう毎日仕事が楽しくなるよね。その彼も、そんな幸せな感じが身体全体から滲み出ている、という風だった。


その後、Mと職場の写真を見たり話し込んだりして、夜更かしした。母はその横でぐーぐーと、まるで自分の家みたいにくつろいでいた。


スポンサーサイト







日本滞在中に、リュウのトレーニングを初見学した。彼はもうかれこれ1年以上も続けている。月2回のレッスン。同じクラスのDotちゃんは、欠席。なので、この日はリュウのプライベート・レッスンとなる。すると近くの水辺でパーンッと爆竹のような音が鳴った。リュウの大敵。普段はこの手の音が聞こえると、とたんに家に向かって逃げ出す。花火や雷も同様に怖い。ブルブルと震える。一度はサッカーの試合中継をTVで見ていたら、サポーターの鳴らすドラムの音に恐怖を感じたらしく、これまたブルブルと震えていた。なので、こんな状態でトレーニングは無理かも…と皆で諦めかけたが、なんと!!!その日は今までで最高の出来映え。「待て」も「来い」も、その他のアレンジも完璧。


ものすごく見直したよ。
母とリュウとの硬い絆。







この子がDotちゃん。ペットショップで売れ残りだったダルメシアンの女の子。最初は臆病で人を信用しなくて大変だったらしい。今はというと、食いしん坊で落ち着きが無く、また違った意味で大変らしい…。


飼い主のおじさんに笑っちゃうほど良く似てます。




- 成田~実家までに出会った幸せ - 
(2004年11月から現在までのコレクション)



通学中の少女。
何気ない表情がキュート。


japan(blog9).jpg



抜けるような青空に映える、
燃えるような紅葉。


japan(blog2).jpg



光に透けるススキが綺麗。
冬の朝。


japan(blog).jpg



成田に向かう途中で見た夕焼け。
目に焼け付くようなオレンジ。


sunset(blog2).jpg



同じく夕焼けの中に浮かぶ山。
-富士山。


sunset(blog3).jpg



初夏の田園風景。
勢いのある緑色の海。


Japan(blog8).jpg




us(blog),JPG.jpg




7月の初旬に一時帰国した。


合計10日間の滞在ということで、いつもより少し短め。しかし今回は、今までずっと会えずにいた友人達の赤ちゃんとの対面を重要視してたので、それをほぼ連日のように予定に組む。さらに、名古屋で開催されている愛知エキスポにも足を伸ばし、全体的にアップテンポな日々だった。


初めて利用した深夜便。かなり混雑していた。ほぼ、満席。たぶんシンガポール経由で他のアジアの国々へ移動した人達が利用しているんだと思う。機上から日本の雰囲気むんむん。しかしあっという間に朝になって、あっという間に着陸した。途中、Trainspottingで有名なDanny Boyle監督の「Millions」という可愛い映画を観た。心が洗われた感じ。そして題名は不明だが、かなりアクの強いイギリスのコメディを満喫。笑いのツボが共感できて、何となく嬉しくなった。


朝の7時過ぎに到着したので、荷物をピックアップしてからローカル線に揺られても、10時前にはすでに実家でくつろいでいた。母に駅の到着時間を1時間間違えて伝えたので(シンガポール時間ということですね)、駅前のロータリーで少し待つことになった。6ヶ月ぶりの日本の空気。通勤する人達が早足で駅の中に吸い込まれていくのを眺める。同じアジアの国の中でも日本って、そういえばこんな文化なんだよね、などと行き交う人々のファッションや店のデコレーション、車のデザインなどを見ながらぼんやりと考えていた。日本に帰る度に、実家へはほとんど電車を利用する。各駅停車なので、ドコドコ揺られてゆっくり進む。途中のススキ畑や田園の風景がすごくノスタルジックに日本を象徴しているようで、気持ちが和む。車内の中吊り広告も興味深い。ちなみにLOZはこの電車に乗ると、ずっとカメラを手放さない。電車の中や外、ファインダーを通して色んな観点で「日本」を見詰める。


しばらくすると車が横付けされて、運転席から母が手を振っているのが見えた。荷物を持って車に近づくと、バックシートにリュウの姿が。ドアを開けると元気良く飛び出してきた。げっ小さい!!!というのが最初の驚き。今までは会う毎に、「リュウ、大きくなったね~」と感慨深く思ったものだが、今回は「リュウ、縮んだ!!?」と思わず聞いてしまった。こんなにコンパクトな犬だったっけ?特に顔のサイズなんてRIOの半分で、口の大きさは1/3くらいしかないよ。でも嬉しくて、何度も抱きしめて顔を埋めた。


リュウと一緒に迎えに来てもらうと、時々は家に戻る前に近くの沼に隣接した公園で散歩をしたりする。久しぶりに訪れた公園は様々な箇所が作り変えられていた。ある箇所は埋め立てられて沢山のお年寄りが釣りを楽しんでいたし、植林を含め、より整備された道は広々としていた。実家に住んでいた頃は、週末になると皆でマウンテン・バイクに乗って水辺を一周し、この付近で一休みしながらお昼を食べたりした。季節ごとに楽しめる草花があったし、春には白鳥の家族を見ることができた。リュウを家族に迎えてからというもの、週末にそこまでの運動量を消費すると疲れてしまうらしく、もう少し近場を散歩する習慣に留まっているらしい。いずれにしろ、懐かしい場所。


午後からは母と2人でゆっくり。近所にあるとても高価で美味しいお蕎麦屋さんでご馳走してもらった。すごく久しぶりの日本食。特にその店の「そばがき」が最高で、いくらでも食べれそう。上品でもちもちした食感に舌鼓。お蕎麦の出汁のきいたお汁も、残さず頂く。満足…。そしてその後は前々からチェックしていたアンティーク・ショップを2人ではしごする。2軒ともフランスとイギリスを中心としたジャンクが中心で、家具やインテリア、そして古着や小物まで幅広く取り扱っていた。ランプシェードやガーデニング関係の素敵なモノもあったが、どう考えてもシンガポールに手荷物で持って帰るにはちょっと不便に感じたので断念。こういうのも、運命かな。


夜には父が加わり、3人で夕食を囲んだ。帰国すると、最初の夜は大体が手巻き寿司になることが多い。大好きな豆腐の料理もリクエスト。その日は新鮮なお刺身が並び、母の手料理で話が弾んだ。心がすーっと幸せで満たされる瞬間。シンガポールで留守番をしているRIOとLOZのことがふと頭によぎる。どうしてるんだろう?でも、身体も心も満腹であまりに心地良いので、シンガポールでの生活がなんだかすごく遠いことのように感じられて、意識がゆっくりとフェードアウトしながら眠りに落ちた。







新居には備え付けの家具など全く無く、冷蔵庫や洗濯機などの基本的な生活用品も新しくそろえる必要があった。結婚して初めて自分達で家具を購入するという状況が嬉しくて、週末毎LOZと色んな家具を物色しに出掛けた。幸い今の時期はシンガポールが国を挙げてのセールを開催していることもあって、さらに嬉しさ2倍!!!自分達の心地良い生活空間をイメージしながら、と同時に、現実的に発生するであろうプラスマイナスの部分をも考慮しながら選んだ。最終的に一番悩んだのはリビングに置くソファーで、何度も同じ家具屋さんに足を運んだり、足を棒にしながらも数々のソファーを見てまわった。色んな条件、例えば実用性、座り心地、デザイン、値段の全てを満たすソファーに出会うのは、なかなか難しい。いつもその中のどれかが欠けていて、2人を混乱させるのであった。で、結果的には1番最初に見て気になっていたソファーに決定。やや小振りのシンプルなデザインで、皮の素材にしては、微妙な色なのが気に入った。2シーターと3シーターをそれぞれ購入。全体的にLOZにはちょっと小さいかも、という印象ではあるけど、使ってみるとそれなりに味が出てきた感じ。今のところRIOに攻撃されることも無く、一安心。大切に使っていきたい。



これは1階の窓際に置いた2シーター。


home(blog1).jpg




20050706161731.jpg





6月の中旬に、引越しをした。


今まで住んでいたコンドミニアムの2年間の居住契約が切れるタイミングで、住環境を変えた。川沿いのオープンな空間から移動した環境は、緑の多い静かな住宅地。オーチャード通りなどの中心部からは少し離れる。環境を変えた主な理由としては、今年に入って住居周辺のコンドミニアム開発が活発になり、1つ2つならともかく、数えられるだけでも5つ近くの新しいコンドミニアムが建設されることになったということ。考えてみれば、それだけその地域が住居として有望視され、将来的にはヒップな環境として有名になるのかもしれない。が、それはまだ十数年先のことだし、窓を開けると毎日建設工事の音が響き渡る状況にはちょっと不満だ。そして成長していくRIOにも、住んでいて楽しい、そして少し余裕のある空間を与えてあげたかった。ま、シンガポール最初の2年の住居としては申し分のない場所だったと思う。


この辺の空気は、水辺のそれとは違ってもっともっと濃厚だ。木々や草花の香りがする。雨の後には緑が蒸れたような独特の香りが漂う。新居の裏庭の向こうには、一面の緑。数本の巨木が枝を空高く伸ばし、葉がみっちりと茂っている。新居に移った翌朝に、ベットから窓に目を移すと、そこには木漏れ日がキラキラと光り、沢山の葉っぱに細かく反射していた。それがこの世のものとは思えないほど綺麗で、2人ではしゃいた。


この家を見学した時のことを明確に覚えている。まずこのテラス・ハウスを知ったのは、友人と共にあるドイツ人の女性に案内されたアート・ギャラリーの存在だった。そのギャラリーは、すぐ右隣の通りにあり、2件ののテラス・ハウスをくっつけた構造で、素敵な空間を作り上げていた。中を自由に見学させてもらい、作品のインパクトもさることながら、実はそのテラス・ハウスのデザインに目や心を奪われっぱなしだった。その印象はずっと心のどこかに焼きついていて、LOZにも度々話をして聞かせた。そして2回目にそのギャラリーに訪れたのは、LOZと一緒に近くでランチをしたついでだった。LOZもその住宅街にある独特な雰囲気を気に入ったようで、建物のユニークさにも感嘆していた。


そこからが、早かった。もう数日後にはエージェントに電話を入れ、現在空き家である何軒かの見学アポイントを取った。実際に見学できたのは2軒。多少は交通量が多い通りに面した改装済みの奇麗な家と、ロケーション的には申し分の無い改装前のボロボロな家。LOZの心はもうすでにそのボロボロの家に決まっていて、私は正直その家があまりにもボロボロ過ぎて、改装後の姿を想像するのが難しくて悩んだ。でも最終的に決め手になったのは、想像の中で手を加えて美しく生まれ変わった裏庭と、その向こうに広がる緑の存在、だった。しかも前の住人が個人的な趣味で作り上げたフェンスがあるので、RIOが住む環境としては最適だった。早速見学の翌日、エージェントに連絡を入れて交渉する。結果、無理を言って3ヵ月後には入居可能な状況にしてもらえることになった。


その後、家具をそろえる日々が始まり、週末毎には家の改装状況を確認しに訪れた。ボロボロだった床がみるみるうちに真っ白なタイルで覆われ、キッチンやトイレも床から天井までそっくり新しいものに取り替えられた。訪れる度に家が美しく生まれ変わっていくのを傍観していくのは、ちょっとした快感。LOZなんか、まるで自分が家を建築しているかのごとく、深~い達成感に浸りきっていた。そんな彼にとって日曜大工/DIY等は、まるっきり苦手な分野だ。電球を取り替えることさえも、出来れば人を雇ってしてもらいたいタイプ。その後入居して組み立て式の家具や生活備品を購入することによって、私はそんなLOZの新たな一面を垣間見ることになった…。


そして引越し当日。荷物もそれほど多くないということで、本来は知人のワゴン車を借りて自分達で引越しをする、という計画だった。今振り返ると安易で無謀な計画だったな、と思う。LOZにも「日頃のウェイト・トレーニングの成果が発揮されるね~、ピアノ重いけど。」なんて密かに勇気を与えていたつもりだったが、勇気どころかプレッシャーになったらしく、急遽引越し当日の朝に業者へ電話を入れることになった。人件費が安いこの国では引越しもかなりお得で、2人の男性と大型トラックが時間通りに到着。その後、20分もしない内に(おそらくそのトラックの半分にも満たない荷物の量だったはず)荷物を運び入れて、新居に向かった。


新居では知人の子供達がわーわーそこら中を走り回っていたが、RIOのお守りもして頂いたので、こちらは大変助かった。結局は正味1時間くらいで、全ての引越し作業が終了したのだが、しかし!!!引越し当日に予約とは!!!しかも、それで何とかなるとは!!!あまりにも適当なので、私もさすがに驚いたのであった。その日はコンドミニアムに戻り、最後の夜。ちょっぴり切ない気持ち。思い出も沢山ある。


しかし、翌日の朝にはイギリスからLOZのご両親がシンガポール到着という、さらに過酷な(?)スケジュールが私達を待っていた。






去年実家の近くで見た月。
まるで、黒い紙の上にヒカリのシミがぽつん。



moon(blog2).jpg




| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。