上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Rio19(blog).jpg




Discipline-躾-について


RIOと一緒に暮らし始めて、数日後。動くものには何であれ素早く反応して飛び付き、しかも小さくて鋭い歯を食い込ませる。まず犠牲になったのはカーテンと私達の脚。カーテンはくるんとまとめて片隅に寄せると、RIOの興味はすぐに薄れた。けれど、私達が歩く度に脚にまとわりついてズボンに喰らいつく。正直これには、参った。声を上げても下げても無視しても、さらに飛び付く勢いが増してくる感じ。手も出した。トレーナーさんの指示で、タオルを揺らして飛びついてきた瞬間、手を見せないようにして体罰を与える方法も試した。これはかなり効いて、しばらくは顔の前でタオルを揺らしても飛びつかなくなった。でもほんの数分間…。


歯が皮膚に当たるのも、日に日に痛くなるし、脚なんか痣だらけ。おまけに、飛びつかれて歯が引っかかったまま引っ張られて破れた服も数知れず。一度なんか中指の爪と肉の間にグッサリと刺さり、1週間くらい何を触っても痛かった。冗談ではなく、息がかかっても水が当たっても痛い。ピアノも弾けなかった。寝転がって遊んでいたら目にパンチをくらって、その日1日は目が充血して痛くてたまらなかった。そう言えばLOZの鼻の穴にも、RIOの鋭い犬歯がまるで釣り針のように完璧に引っかかった。そして血が出た。容赦なく。…これは人のことだったからちょっと面白かったけど、もしも自分だったらと想像したら涙が出そう。


大型犬はちょっと歯が当たっても、かなりの大事故につながる場合が多い。体重がある分、軽くぶつかったら子供など簡単に倒されてしまう。「躾」を考えるとき、やはり最低限のルールとして、人間には絶対に歯を当てない。犬にとっては遊びでも、度を過ぎれば怪我になる。RIOの歯が全部生え変わったら、もう私の腕など朝飯前に噛み砕けてしまうだろう。


毎日RIOの身体を触っている。ブラッシングし、蒸しタオルで拭き、耳の中の汚れを確認してから口の中を掃除する。一度痛い思いをさせてから爪はなかなか切らせてくれない。ので、タイミングを見計らって、誤魔化しながら手入れする。歯磨きをするときには、手も指も当然口の中に入る。歯が当たる。けれど、最近のRIOは絶対に口をきつく閉めたり、私の皮膚を噛んだりはしない。どんなに嫌な感じで触っても。これは信頼かなって、ちょっと思ったりして。タオルにはガウガウ噛むけどね…。


怒る、という行為はなかなか奥が深い。怒る事には沢山のエネルギーが消耗される。そこに愛が無ければ、怒ることさえもできない。RIOが3ヶ月くらいのとき、もう事あるごとに苛々して大声で怒鳴ったり、物音を立てて威嚇しようとした。RIOの気持ちや状況を察するよりも先に自分のストレスを解消したかった。しかもRIOは段々と反抗の意思表示をするようになってきている。今のうちに上下関係をきっちりつけなくては!!!という焦りも、かなりあったと思う。本やビデオに目を通しては、ベストな躾/体罰の仕方を探した。LOZからは、RIOをささっと押さえ込む方法を特訓してもらう。正直その頃の私は、日々加速しつつあるRIOのスピードと障害物を難無く避けて、ガシガシ立ち向かってくるチャレンジャーなRIOにビビリつつあった。一歩脚を後ろに引く度に、「そこで脚を踏み出せ!」と注意された。犬には私達の一挙一動で心が読まれてしまう。


今振り返ると、本当に様々な方法を試したなあ、と思う。その中で一番効果があったのは、リーシュにつないでコントロールする方法。すぐに大人しくなる。そして最近は大分声や態度でも上手く落ち着かせることが出来るようになった。私達がなるべくその時その時の状況等を察して、RIOの気持ちを汲み取ろうとする努力をしていることもあるけど、たぶんRIOが沢山の事を学んでくれているんだと思う。例えば「噛む」という行為でも、力を加減するようになってる。ただ、悪い事、つまりしてはいけない事が完璧に解っていて、わざと自分の欲求不満をそれにぶつける。後でみっちり怒られることを知っていても、一応やる。


今後はそれが課題かな…。あとは公共の場でもきちんとマナーを守り、人間と一緒に行動を共にできる犬にすること。その為には毎日のトレーニング。基本的には朝の時間に決まったコマンドを練習する。トレーナーさんから学んだ課題を復習する意味を含めて。1ヶ月前には出来ていたことが急に曖昧になったり、出来なかったりするから不思議。犬の成長に合わせてトレーニング内容も微妙に変化していくらしいが、訓練した時間に比例して必ずしも順調に右上がりのグラフを形作っていくのではなく、上がっては平行になり、また少し上昇して停滞…のようにグラフも様々な形に変化するということ。私達もかつては目を爛々と輝かせて従順にトレーニングされてるRIOを眺めては、密かに「この子は天才かも!!?」と思ったものだ。今は「うーん、この頑固者!!!」とか「もう少し落ち着けば!!?」って思う方が多い…な。そう、完璧の道程はまだまだ遠い。


でもね、


最初は突然変化した犬共同生活及び慣れない毎日の散歩/トレーニングで、ぐったりしてた時期もあったけど、今は自分達がRIOに与えた時間と愛情の分だけ目に見えて彼の態度から、「絆」のようなものを感じ取れる。一緒に過ごしたたった4ヶ月が4年間くらい長く感じられる。本物の4年後には、お互いにどれだけ近くに感じられるんだろう。RIOからもらう、沢山の予想を裏切る「驚き」や「喜び」。今後果たしてどれだけ私達の想像を軽く裏切る「幸せ」を運んできてくれるんだろう。


今、こんなにワクワクしながら足元でアザラシになっているRIOを眺める。


たまらなく愛しい。



スポンサーサイト
Rio16(blog).jpg




RIOは生後約2ヶ月でトレーニングを始めた。


● 基本的なアイコンタクトから声をかけて気を引く練習。

<練習1>

1. RIOを自由に歩かせて、自然と自分の方に向かってくるようにする。
2. 集中力が散漫な場合、少しずつリーシュを引いてストレスをかける。(けど、絶対に引っ張らないこと)
3. RIOが真っ直ぐ向かってきたらモモの左側に抱えて持っていく。そして褒める。

<練習2>

1. 「RIO!!」と名前を呼ぶ。
2. 向かってきたら「Heel」と言って、モモの左側につかせる。
3. できたら褒めておやつをあげる。

<練習3>

1. 「RIO!!」「Come!!」を連呼しながらRIOと向かい合わせになって駆け足で動く。彼の興味を引くように、楽しそうに誘い込むのがポイント。最終的には名前と「Come」で自分の方に真っ直ぐ向かってくるようにするのが目標。


● 「Heel」と「Wait」の練習。

<練習1>

1. 歩く際に集中しない時や下に落ちている何かに気を取られた時に、「No,Heel」と言って軽くリーシュにショックを与える。決して引っ張らない。

<練習2>-お互いに向き合ってから「Heel」を促す方法-

1. 少しずつリーシュを引っ張りながら自分の居る方に来させる。
2. 左足を1歩後方に下げてリーシュを時計回りと反対方向に動かしながらRIOを左足の側面につかせる。そして「Heel」。
3. RIOを座らせたら膝に顔が付くようにおやつを与える。これは、常にオーナーの足の位置に付くことが嬉しいこと(安全で心地良いこと)だということを教えるため。

<練習3>-「Wait」の練習-

1. おやつを多めに持ち、手のひらを見せて「Wait」と言う。
2. 同時にリオの口を押すようにして座らせながら、おやつをあげる。
3. そして食べ終わる前に再度「Wait」を言い、手のひらを見せながらおやつを口に持っていく。
  (待っていれば良いことがドシドシ来る!!!ということを教える要領で)
4. もしも立ちそうになったら、また座らせて「Wait」でおやつをあげながら堂々と手のひらに注目させる。
  (この時には体を張って、堂々とすることが大切)
5. 前後だけの動きではなく、時には円を描くような動きやRIOの後ろにを回ったりもして、待つことを学習させる。


● 「Heel」「Wait」「Sit」「Down」のコンビネーション

1. ソーセージを使う。よく出来たら少し、すーごく良く出来たら多めにあげる。プラス、大袈裟に褒めてあげることも大切。
2. コマンドの途中に違う行動をしたら、すぐに「No」。首を横に振る動作を一緒にする。
3. 表情は真剣に。よく出来たら、喜んだ表情を見せることも重要。
4. RIOに考える時間を与える。そしてその後にどう行動するかを良く観察すること。
5. 動作をゆっくり自信を持ってやると、犬もゆっくり的確に反応する。そして楽しくやること。
  (トレーニングは楽しいものだと学習させる)
6. 「Rio→Down/Sit→Good boy→treat」の順番。で、「treat→Good boy→Down/Sit→Rio」の順で削っていくことが目標。最終的には名前とジェスチャーのみでコマンドに従うことができる。


● 今まで教えてきたコマンドを、一定のコース(コの字型)に組み込みながら形を整えていく。

<1周目>

1. スタート地点ではHeelのポジション。
2. スタートして普通の速度で直角に曲がる。「Heel!」という掛け声と共に曲がり、きちんと曲がれたら「good!」。(2箇所)
3. 折り返し地点ではまたHeelのポジション。(左回り)
4. 折り返し地点からは駆け足でまた、もとの位置に戻る。その時にも曲がるときにはHeelの掛け声。

<2週目>

1. スタート地点ではHeelのポジション。
2. スタートして途中、「Down/Sit」のコマンド。「Wait」の状態で曲がり角まで行って振り返り、20カウント。
3. 「Come」で呼び、来たらHeelのポジションに誘導。褒める。そこをスタート地点としてまた途中まで進み、コマンド。
4. これを折り返し地点まで繰り返す。「Down/Sit」はバリエーションを変えて。
5. 折り返し地点から、今度はゆっくり歩いてスピードを落として歩く練習。最後の曲がり角からはいきなり普通の速度で歩く。そしてHeelのポジションで終了。褒める。



※ このトレーニングは、後に「直線」コースで応用することになる。その他、「Stay/Stand」等も加わる。ただ、この後のメニューとしては、RIOのコマンド形式はあまり変わらないとしても、主にオーナーがリーシュをどのようにハンドリングするかということが重点的になる。RIOが成長すると共に、いかにこのリーシュ操作をマスターできているかが今後の共同生活にも影響してくる。RIOが私達に「してくれてる」という形から、私達がRIOに「させる」という要素を強く出していくということ。


今はまだまだ勉強中。地道にRIOと向き合って、声を掛け合って、理解し合おうとしてる私達の日々は続く…。



| main |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。