上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。







最近少し身体を痒がったりする梅を獣医さんに連れていく。
コートの状態は全く異常がなく、
ただ耳の中に少し雑菌が繁殖してるので、
それに関する二次的なアレルギー反応なのかもしれないとのこと。
定期的な耳掃除の他、食べ物やシャンプーを別のものに替え、
少し様子をみることに。

スイミングも散歩もフードも、基本的には梅もRIOも一緒。
なので、特に梅だけがこんな風に反応するのが変だなあと思っていた。

最近の梅さん。
困ったことに最近私達が外出すると、
決まってドアの側に粗相してしまうようになった。
しかも梅がするもんだから、RIOがその上に...。

ドアの外から汚れた床を見ると、もうがっくし。
これは外出時間の長さには関係なく、留守番させること自体に問題があるらしい。
2人のうちどちらかが在宅してれば問題なく、現場を目撃したこともない。
一度は声を荒げたもんだから、梅さん驚いてテーブルの下に隠れてしまった。
しかも、時々は床に跡が残っているけど、物体そのものが消えていることさえ。
悪いことをしてると解ってるので、自分で始末しようとする梅さん。

どうしたら良いんだろう。
以前は外出をしても、全く平気だったのに。
トイレも裏のガーデンでしてくれてた。
思い当たることを、ぐるぐると頭に巡らせて途方に暮れた。

そう言えば、最近はアートのクラスにも梅さんを連れて行ってないなあ。
ブラッシングもスイミングがあるからってさぼりがちだったかも。
忙しさにかまけて、きちんと気持ちを察してあげる余裕を失ってたということは?
出掛ける準備の際は、ずーっと動き回る私の後を付いてまわってて、
そのぴったりとまとわりつく瞳に応じてあげることもないままに。
頭を撫でてあげるときも、ただするのと、
気持ちを込めてちゃんと目を見てあげるのとでは、
全然違うんだ。

そう言うことに改めて気付き、
なるべく一緒にいる時間を増やし、
話しかけ、ブラッシングを含めて、コミュニケーションの時間を増やし、
家を出るときも、きちんと説明をして不安を残さないようにするよう心がけた。

失敗しても、気持ちを荒げず、
成功したら、いっぱい褒めてあげた。
彼女の「自信」を回復させることに努めた。
自信を無くした時に見せる彼女の悲しい瞳はもう見たくない。

そうしたら、いつのまにか痒がることも少なくなり、
家の中でトイレをすることも無くなった。

ありがとう、梅さん。
あなたから大切なことを、
また一つ学びました。


スポンサーサイト



梅を家族に迎えて、はや3ヶ月になろうとしている。

その後、沢山の人から励ましのメッセージや数々の温かい言葉を届けて頂いた。どうもありがとう。心から感謝したのと同時に、これからは十分に責任を持ち、梅にとってベストな飼い主になろうと、心に強く思った。それが、梅のことを心から心配して下さった人達の気持ちに報いる、真摯な態度だと思うので。どうぞこれからも、温かく見守って下さい。

そうそう、梅はすっかり我が家に落ち着いた感じで、日々のんびり過ごしている。週3回のスイミングのお陰か、お腹付近のたるんだ肉も徐々にしまってきた。同じく、RIOの後ろ脚の筋肉も発達してきたのが嬉しい。時々は雨に打たれ雷にびびりながらも、またがんがんクラゲに刺されながらも、そして犬たちからビシバシ爪を立てられながらも、LOZが一生懸命海でコーチしてくれた甲斐があった...。しんみり。

梅はビーチでのボール投げ遊びに目がない。黄色いテニス・ボールを見ると、もう目がまん丸になって、耳もピーンと立つ。そして尻尾(というかお尻全体)を降りながら、早く投げて~!と催促する。どんなに遠くに投げても、するする~っと泳いでいってボールを取ってくる。そして、もう一度投げて~!という風になるか、自分で波打ち際でボールを沈めては、浮かんで来るのをまた沈める、という風に、永遠と遊んでいる。

RIOは基本的に、自分に有利なポジションにあるボールしか取りに行こうとしない、我がままな奴。しかもLOZが後ろからプッシュして、ジェット機のようにスピード増をしてあげるのにも関わらず、梅に取られる寸前でギブアップしたりする。そして仮に自分がボールを取ったとしても、方向転換して全く無意味な方に泳いで行くし、取ったボールは離そうとしない図々しさだ。

さらに家では、ちゃんとRIOの指導役や遊び相手になるしっかり者の梅さん。RIOが調子に乗ってやんちゃになる瞬間、ビシッと怒る。でも、きちんと遊びにも付き合ってあげて、度が過ぎるとまたビシッと怒る。なんと!最近は、LOZと組んで、呼びかけると悪戯をして逃げ回っているRIOを押さえ込んでくれるようにまでなった。

そんな梅とRIOの違いを見た私の母は、

「やっぱり(ここでやっぱりとは?)梅ちゃんは、純ロットワイラーじゃないわね。どう見ても、レトリバーとかラブラドールのミックスよ。」

と何度も頷いていた。私も、実はやっぱりそうなのかしら~、と彼女の行動を日々観察して思う今日この頃。

やっぱり、梅さんはスーパー良い子です。







チーズを目の前に、集中力全開の梅さん。
こんな天才梅さんでも、食べ物には理性を失いがち。





20060107211715.jpg




ある昼下がり。
枕たちと遊び疲れたRIO。
そのままウトウトし始める。



20060107211715.jpg



眠くて眠くて、
もう瞼を上げてられない。

そんな時は、頭や顔全体の肉が
ゆるりと柔らかく垂れる感じがして、
そのふんにゃり感は、もう、
神様からの贈り物です。



20060107211632.jpg



しかし、ちょっとでもシーツなどが
カサカサ音を立てると、
ハッと我にかえる。

このハッとした時の
耳の立ち方が、何度見ても笑える。
眉間の皺とか。

なので、それ見たさで
しつこく音を立てたりする、
しかも、ベットを掘られて
嬉しがっている(ついでに引っ掻かれて怪我もしている)、
親ばかな人は誰でしょう?

答え→わたし









裏庭にて。
仲良く2匹で並んでみました。
梅さん(左)は普通に可愛いのに、
RIO、君は何故、
いつも可笑しいくらい鳩胸なんだ...。



oshiri.jpg



2匹のおしり。
一般的にロットは断尾されているので、おしりが丸見え。
三角地帯が愛らしいです。

微かにタマが見えてるのがRIO。
梅さんのおしりは熟女の貫禄...。





11月24日はRIOの誕生日。
あっという間に、もう1歳。
この日に合わせて、AVAにて梅の飼い主変更手続きも。
晴れて正式に、梅は我が家の子になりました!







せっかくなので、近くの肉屋に行き、奮発して人間用の美味しそうなお肉を購入。
ステーキ用(牛)とソーセージ(豚)と鳥の胸肉など。
LOZ用にだって、こんな高級なお肉を買った事がありません!(自慢してどうする)







こんな夢のようなお肉が登場して、
RIOは本当に、「夢みたい~♪」という顔をしてました。
お料理中はずーっとキッチン(というか、肉)から離れず。
ニコニコ、デレデレ顔の2人。







ジャガイモを添えて、こんなお料理を作りました!
Happy Birthday Rio! and Welcome to my family Ume!







そして、写真撮影の後はいよいよ...召し上がれ?!と思ったとたん、
30秒もしないうちに料理は消えました。
掃除機に吸い込まれるかのごとく...。
速すぎてお肉が見えなかったくらいです。


| main | next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。